はじめに

 湯前保育園は湯前町の将来を担う大切な子どもたちの保育に携わる重要な役割を担っております。子どもたちを取り巻く環境が大きく変化している昨今、地域の皆様や保護者の皆様と一緒に一人ひとりの子どもたちの成長を寄り添いながら育んでまいります。

園舎1 園舎2 園舎3


園の概要

  • 経営主体:社会福祉法人 湯前町社会福祉協議会
  • 代表者 :会長 鶴田 正已
  • 定  員:80人
  • クラス :
    さくら組(年長児クラス)
    うめ組 (年中児クラス)
    ばら組 (年少児クラス)
    もも組 (未満児クラス)
    ひよこ組(乳児クラス)

沿  革

平成25年4月 湯前町立湯前保育所を指定管理にて運営
平成26年4月 「湯前保育園」として運営を開始(湯前町から移管)
平成28年5月 乳児室の増築
平成30年4月 子育てサークル「ゆのっこ」の実施


保育方針

豊かな自然の中で四季折々の変化を楽しみ、遊びをとおして豊かな感性と創造力を育む環境づくりをおこない、一人ひとりの成長に合わせ公平な保育をすることで、子どもたちの育つ力を支え、保護者に寄り添い子どもの成長を一緒に喜びあえる保育。


保育目標

「強く・明るく・元気な子ども」
〇 あいさつができる子ども
〇 自己肯定できる子ども
〇 思いやりのある子ども
〇 何事にも意欲的に取り組み、最後までやり遂げる子ども


遊んで学ぶ

 子どもは遊びの天才です。広い園庭でおもいっきり体を動かし、のびのびと遊びながら丈夫な体をつくり、創造力を育てます。


体力づくり

 五感を使ったコーディネーショントレーニングで運動能力の基礎を身に付けます。

○サーキット
 毎朝、体操・かけっこ・遊具を使ったサーキットで楽しく体力づくり

○運動あそび
 毎月1回、運動指導士による運動遊びや水泳教室を実施

○サッカー教室
 年4回、県サッカー協会の指導者に、楽しくサッカーを教えてもらいます。


一人ひとりを大切に(療育支援)

 学齢ごとのクラス編成を基本とし、年齢に応じた保育プログラムで一人ひとりの成長に合わせた丁寧な保育を目指しています。

①個別課題支援
 環境を整え、個別で課題に取り組み成功体験を重ねながら一人ひとりの成長をより丁寧に支援します。
②グループ課題支援
 数名で楽しみながら課題に取り組み、個々のつまずきなどを探り集団での支援に繋げます。


楽しい給食(食育)

 給食は心と体の栄養です。安全でおいしいのはもちろん、みんなと楽しく食べることや準備から片付けまでの生活習慣を培います。
 菜園ボランティアさんにお手伝いいただき、夏野菜などを栽培し収穫したり調理したり、食への関心を高めます。


地域の方々と共に(子育て支援)

 社会福祉協議会のネットワークを活用し、地域の方々とさまざまな体験や交流をおこない、郷土愛を育みます。
 また、子育てサークル「ゆのっこ」を実施し、未就園児の親子でのレクレーションや子育て相談をおこなっています。